【2017年】マクロレンズで撮影した美しい紫陽花の写真まとめ

今年の梅雨は空梅雨かと思っていましたが、7月に入ってからその分といわんばかりの大雨長雨が続いています。九州北部では、これまでにない大雨により甚大な被害が発生しているようです。一刻も早い復旧を御祈念申し上げます。

さて、嫌な梅雨ですが、季節ならでの写真が撮れるのも四季の良いところ。今回は、6月17日(土)に撮影した紫陽花の写真をまとめて公開します。

撮影機材については、この記事の最後に載せていますので、興味がある方はどうぞ。

 

スポンサーリンク
 

やさしい色合いの紫陽花

紫陽花もいろいろな種類、色がありますよね。まずは淡い色の紫陽花写真です。

逆光は勝利!太陽光を活かして玉ボケをつくろう!

次は、濃い赤紫色の紫陽花。どちらかというと逆光の方が良さそうだったので、逆光ならではの写真です。

被写体の後ろに太陽があると、ファインダーをのぞいたとき、木漏れ日などでピカピカしたところができます。これをうまく利用すると、簡単にキレイな玉ボケができます。

マクロで接写

マクロレンズの強み「接写」に挑戦。三脚など何も無い状態で、息を止めて撮影しました(笑)。

手前の花びらの中心にピントがおけると良かったんですが…まだまだですね。

梅雨の暗さを表現?

これまでの写真とは打って変わって大分印象的な写真(のつもり)。花自体がものすごく大きかったので、真ん中にどんとおいて、花の周りを少し暗めに修正しています。

撮影機材

今回の写真は全て以下の撮影機材で撮影しています。マクロレンズでの接写でしたが、三脚等は使用していません。

  • Canon EOS Kiss X4
  • TAMRON 単焦点マクロレンズ SP AF60mm F2 DiII MACRO 1:1

なお、RAWで記録したデータをAdobe Lightroomで調整しています。

 

スポンサーリンク
 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Page
To Top