この秋撮りたい!写真好きの私がおすすめする秋の被写体5選!

つい先日まで残暑でヒーヒー言っていましたが、9月に入り、朝夕の涼しい日が増えてきましたね。皆さん風邪など引かれませんよう、お気をつけください。あと台風も。

さて、9月も中旬に入り、数日前から彼岸花が姿を現し始めました。

ツイートの写真はiPhoneで撮影したものです。

彼岸花だけでなく、秋にはいろんな美しい被写体が待っています。そこで今回は、私がこの秋撮りたい被写体を列挙してみました。

 

スポンサーリンク
 

1.彼岸花

直近で撮影したいものは、何といっても彼岸花。前述のようにすでに咲き始めていて、今週末が撮影にベストなんですが、台風が近づいているので、難しそうです。

私は真っ赤な燃え上がるような彼岸花が好きで、カメラをはじめて毎年この時期に撮影しています。田んぼの近くや川沿いなどに並んで咲く姿は風情を感じますよね。

徒歩圏内に彼岸花の並木みたいなところがあるので、今年の撮影も楽しみです。いつか群生地と呼ばれるようなところにも行ってみたいですね。

2.コスモス

ピンク色だけでなく、いろんな色もありますし、花びらの形も少しずつ違うコスモスはマクロレンズで撮影してもいいし、秋空をバックに撮影しても映えますよね。

子供の頃に連れて行ってもらった、宮崎県の生駒高原にレンズ一式を持って行ってみたいです。一日中撮影してても飽きないだろうなぁ〜
 

スポンサーリンク
 

3.稲穂

「実りの秋」を感じさせる稲穂もいい被写体です。私の近所は早場米なのでかなり前に刈り取ったところが多いですが、普通米のところもまだあるので、たわわに実った稲穂を撮影するのも良さそうですね。

また、彼岸花と稲穂の共演も日本らしくて良さそうです。

4.秋の空

秋の空といえば澄み切った青い空に広がるうろこ雲。夕方のオレンジ色と青色のコントラストもいいですよね〜

秋の日はつるべ落としですので、まさしくその一瞬にしか撮れない写真が撮れるチャンスです。

空一面のうろこ雲を広角レンズで撮ってみたいものです(広角レンズも欲しいけど、まずはフルサイズ機から必要かな…)

5.紅葉

いつか写真に収めたいと思っているのが「紅葉」。しかしながら九州南部の海沿いとなると、なかなか被写体が見つかりません。

いつか山全体が紅葉しているようなところに撮影に行きたいです。いつになることやら…

まとめ

先日ようやくClass10/16GBのSDカードを購入したので、思う存分撮影できそうです(いつもRAW+JPEGで撮影しています)。夏の暑さで外に出るのが億劫になっていた分、秋の被写体をじゃんじゃん撮りたいですね。

また良い写真が撮れましたら、紹介していきます。皆さんも是非カメラをもってお出かけください。

 

スポンサーリンク
 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Page
To Top