AmazonJSがホワイトアウト!その原因はWP Limit Login Attemptsだった!

12月も3分の1が過ぎようとしています。どんどん寒くなってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さて当ブログは7月に開始し、1か月に1記事ほどの超低頻度更新となっていますが、この度Amazonアソシエイトのサイト申請に合格致しました(お昼過ぎに追加申請したところ、夕方には合格メールが届きました)。

Amazonのリンクをブログに載せる方法はいくつかあるのですが、WordPressのプラグインである「AmazonJS」を使うことにしました。皆さんもよく見たことがあるこんなものです↓

諸々設定をしていざ過去記事にURLを貼ろうとAmazonJSを使おうとしたのですが、問題が発生しました。

 

スポンサーリンク
 

事象

WordPressの新規投稿追加画面のAmazonJSのボタンをクリックするとモーダルウィンドウが開きます。ここで商品を検索すると、結果が表示されます。ここまでは正常ですが…

この画面でブログに載せたいAmazon商品を選び、「選択」をクリックすると下の画像のようにモーダルウィンドウがホワイトアウトしてしまい、テンプレートの選択はおろか「キャンセル」ボタンも「挿入」ボタンをクリックできなくなってしまいました

無理矢理TabとEnterキーで挿入することは一応できますが、なんとも不便です。ということで原因と対応策を検討しました。

 

スポンサーリンク
 

原因はWordPressプラグインの「WP Limit Login Attempts」

AmazonJS自体が悪いのか、WordPressのバージョンとの相性か、はたまたブラグイン同士の相性問題か。いろいろ調べ、「AmazonJS ホワイトアウト」で検索してようやく一つの記事にたどり着きました。

WordPressプラグイン「AmazonJS」と「WP Limit Login Attempts」には相性問題があります。

私の環境で起きた事象と全く同じです。この記事のタイトルに答えがありますが、「AmazonJS」と「WP Limit Login Attempts」は相性が悪いようです。そのため、どちらかをこのまま使うには片方を停止させる必要があります。

対応策は「WP Limit Login Attempts」を停止するまたは削除する

この事象を解決する方法はAmazonJSと相性の悪いプラグイン「WP Limit Login Attempts」を停止するか削除するかのどちらかです。

とりあえず停止することで以下のようにきちんと使えるようになりました。

「WP Limit Login Attempts」を停止していい?

ところでこの「WP Limit Login Attempts」とはWordPressのログイン画面へのログイン試行回数を制限するもので、パスワード総当り攻撃(ブルートフォースアタック)による不正ログインを防ぐためのプラグインです。

セキュリティの観点からこのプラグインはできれば常駐させておきたいのですが、AmazonJSも使いたいというトレードオフの関係に陥りました。さてどうしたものかと考えましたが、答えは簡単です。

Amazonアソシエイトリンクを貼る記事執筆中だけ「WP Limit Login Attempts」を停止させればよいのです。記事執筆中以外の時はこれまで通り稼働させておけばどちらも干渉しません。

これでどちらも干渉せずに動作させることができるようになりました。私と同じ事象に遭遇してしまった方の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク
 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Page
To Top