在宅ワークのお供に、Apple Musicに加入してみた【契約方法】

突然ですが、皆さんは「あの曲を聴きたい」となったとき、どうしていますか? CDを買う・借りる、配信サイトで買うなどいくつかの方法がありますね。最近ではApple MusicやAWAなどの定額制の音楽配信サービスを使っている方も多いかと思います。

今回は以前から気になっていた定額制の音楽配信サービス「Apple Music」に加入してみたので、契約方法と使ってみての感想をまとめます。

 

スポンサーリンク
 

Apple Musicとは?

月額980円で4500万曲が聴き放題というサービスで、3ヶ月間は無料で利用できます。ファミリープランや学生プランもあるので、自分に合ったプランが選択できます。

Apple Musicの契約方法

契約方法は簡単です。スマホからもできますが、私はWindows PCから契約したので、その方法です。ちなみにiPhoneの場合、デフォルトの音楽再生アプリ「ミュージック」から契約可能です。

  1. iTunesを起動し、「見つける」をクリックし、「今開始すると、3か月間無料でご利用いただけます。」の部分をクリックする。
  2. ポップアップウィンドウが表示されるので、「無料で始めよう」をクリックする。
  3. プランを選択し、「トライアルを開始」をクリックする。
  4. サインインを求められるので、Apple IDとパスワードを入力する。
  5. 「お支払い情報が必要です」と表示されるので、「続ける」をクリックする。
  6. 「お支払い情報の編集」画面が表示されるので、必要情報を入力し、「完了」をクリックする。
  7. 再度サインインを求められるので、Apple IDとパスワードを入力する。
  8. 登録が完了すると、好きなジャンルを選択する画面が表示されるので、適宜選択していけば終了です(あとで変更可能)。なお登録完了後には「登録の確認」メールが届きます。

Apple Musicのいいところ

※他のサービスと比較しているわけではありません。

Windows/Mac/iOS/Android対応

パソコンではiTunes上でサービスが提供されるので、WindowsでもMacでも簡単に使えます。またiPhoneやiPadではデフォルトの「ミュージック」アプリでサービスが提供されます。Androidにも対応しているそうです。

MacにはiTunesがデフォルトでインストールされていますし、WindowsでもiPhoneを持っていればiTunesをインストールしているでしょう。つまり不要なアプリをインストールしなくていいわけです。

複数のデバイスで使用可能

一つのApple IDで、自分が持っている複数の端末でサービスを使うことができます。なので作業用BGMとしてPCで聴いたり、外出時にiPhoneで聴いたりすることが可能です。ちなみに「同時に」再生はできません(やってみました)。

聴きたい曲はだいたい揃ってる!

どのサービスにどの楽曲が提供されているのか、すべてを確認することはできませんが、数日利用してみて聴きたい楽曲はだいたい揃っていました。なんといっても4500万曲ですからね!

 

スポンサーリンク
 

Apple Musicのちょっとイマイチなところ

インストがあまりない

CDなどにはインスト(off vocal)が収録されているものもありますが、Apple Musicでは提供されていないことが多いようです。作業用BGMとしてインストがあるとよかったんですが…

まとめ

最近気になった曲やちょっと懐かしい曲など、邦楽洋楽問わず4500万曲が月額980円で聴き放題というのは結構凄いことですよね。好きな楽曲のプレイリストをつくっておけば一日中流しっぱなしというのも可能です。

室内で音楽を楽しめるようにBluetoothスピーカーが欲しくなった今日この頃です。

 

スポンサーリンク
 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Page
To Top