本当に買って良かったものベスト10 2017年版

12月ももう15日。この時期ブロガーやYouTuberがこぞって記事にするのが「今年買って良かったもの」。今年もすでにたくさんの記事が公開されていますね。

いろんな方の「今年買って良かったもの」は、すでに持っている方にとっては「そうそう、良いよね」という共感があったり、欲しいと思っていた方にとっては購入の参考になる有用な記事ですよね。

私も今年はいろいろなものを買ったので、その中で「買って良かったもの」をご紹介します。ちょうど10個ですが、順番は特に関係ありません。

 

スポンサーリンク
 

ガジェット部門

ガジェットは金額が大きいだけに、ブログやYouTubeなどの商品レビューを徹底的に調べて購入に踏み切りました。おかげで買い物の失敗は今のところありません。

 

iPhone 7

昨年までAndroidを長年使ってきましたが、諸々の不満がありiOSに鞍替えしました。

iPhone 7からイヤホンジャックがなくなりましたが、あまりスマホにイヤホンを繋がない私には特に問題ではありませんでした。

サイズもちょうど良いし、写真もきれいに撮れる(ちゃんと撮るときにはデジ一があるし)、現段階で私にとって最高のスマホです。1年使いましたが、不満点は全くないです。

MacBook Pro 2015 15インチ

iPhone購入前から憧れていたMacBook Pro。iPhone購入後にどうしても欲しくなり購入しました(仕事でも使用)。

MacBook Proは2016年モデルから大幅に仕様が変更され、背面のリンゴマークが光らなくなったり、電源のMagSafe2やSDスロット、これまでのUSBポートすべてが廃止されるなど、非常に使いにくくなりました。

さすがにこれでは「ノートパソコン」として使用できないと思い、旧型にはなりますが2015年モデルを購入しました。おかげでUSBメモリもSDカードもこれまで通り使えます。

13インチと15インチ、これについても非常に悩みました。13インチならではの携帯性は捨てがたかったのですが、そこまで持ち運びはしないだろうということで15インチを選びました。こちらの方がマシンパワーもありますし。おかげでAdobe PhotoshopやLightroom、Illustratorを使っても大きくもたつくことはありません

フルサイズのデジタル一眼レフカメラCanon EOS 6D

この一年ずっとフルサイズ機が欲しくて、熟考の末ようやく購入したのがCanon EOS 6D。

購入時の記事は→Mark2が発売されたけど旧型Canon EOS 6Dを購入!早速撮影してみた

これはまだ買ったばかりで実戦投入できていませんが、室内での撮影でISO感度を上げてもノイズを感じさせない最強の一眼レフだと思います。

春までに何かレンズを買って、春の一枚を撮りたいところです。

リモートスイッチRS-60E3

これはEOS Kiss X4用に購入したレリーズです。6Dなどには使用できません。

花火大会で撮影するために購入しました。毎年レリーズではなく、シャッターボタンを直押ししていたので、どうしても微妙にズレが発生していましたが、今年はこのレリーズのおかげで満足のいく撮影ができました。

ペンタブIntuos Draw CTL-490/W0

手書きフォントを制作するためだけに買ったといってもいいペンタブ。今年10月に購入しました。

そのときの記事は→自作の手書きフォントを作るためにwacomのペンタブを買った話

何回も書いては「これじゃない」とボツになり、一向に進んでいない手書きフォントですが、ようやく12月に方向性が決まり、鋭意制作中です。

ひらがな・カタカナ・英数字・JIS第一水準漢字完全収録で来春完成予定です(予定は未定)。

 

スポンサーリンク
 

生活部門

PCデスク ロウヤのパソコンデスク幅180cm×奥行き80cm

これまで狭いPCデスクで作業していましたが、昨年25インチのモニターを設置し、どうにも作業しづらいと思い、ようやく購入したPCデスク。

購入検討時の記事は→広くて頑丈なPCデスクを求めて①選択編

設置時の記事は→家具通販のロウヤで広くて頑丈なシンプルデスクを購入!コスパ抜群!!

2つの記事は当ブログでもダントツのアクセス数があるので、皆さん広くて頑丈なPCデスクを求めているのだと思います。

PCデスクのサイズは仕事の効率に大きく影響します。資料や本などを広げたり、何か書き物をしたり、机が大きいと複数のことがいっぺんに進められます。PCデスクで悩んでいる方は、可能な限り頑丈で広いデスクをおすすめいたします。

ATOK PASSPORT

Windows一筋だった私は、日本語入力システムにジャストシステムのATOKをずっと使ってきました。一太郎をよく使うというのもありますが、やっぱり日本語入力にはATOKが一番しっくりきます。

ATOKは一太郎についてくるものの他、単体でパッケージ版が販売されていて、私は一太郎にバンドルされているものを使用してきました。

今年購入したMacBook Proには「ことえり」なる日本語入力システムが入っているのですが、慣れた日本語入力システムである「ATOK」を導入しようということで、Mac版ATOKのパッケージを購入しようかと考えました。

しかし月額サービスの「ATOK PASSPORT」なるものがあることを知り、諸々検討してこれに加入しました。ベーシックプランとすべてのサービスが利用可能なプレミアムプランがあるのですが、オプションの充実したプレミアムプランを月476円(税別)で契約中です。

日本語入力システムとしては不自由なく使えるのは当たり前として、デバイス間で単語を同期してくれる機能や、話題の新しいキーワードを随時配信してくれる機能など、トレンドにもかなり対応してくれていて、いろんな人に使いやすくなっているのではないかと思います。

また10台まで使用可能で、メインマシンだけでなくノートパソコンなどにも複数使えるのが嬉しいところです。私はWindowsとMac OSで使っています。iOSに対応してくれるといいんですが…

 

書籍部門

Typography12

和文の本文書体ということで、組見本・使用例が掲載されています。書籍を組む仕事をしていなくても、参考になるのではないでしょうか。

また、和文フォントを自分で作るための「Glyphs」というアプリケーションの大まかな使い方が扱われています。いつか自分だけのフォントを作ってみたい方はぜひ一読しておくとよいかと思います。

+DESIGNING VOLUME 44

DTPの基礎中の基礎となる「書体」「フォント」「組版」のことがわかりやすく、丁寧にまとめられた一冊です。

基礎中の基礎のことなのに、誰からも教えてもらったことがないという人は意外と多いのかもしれません。よく分からないままやっていた方におすすめです。

 

その他

大きな買い物ではありませんが、非常に良い買い物だったと思います。

ELECOM電源タップ6個口2m

私のデスク周りには非常に電源ケーブルがあふれていて、とても壁面のコンセントだけでは数も長さも足りません。

そこで購入したのがこの商品。コード差し込み口が6個ついており、それぞれにオンオフスイッチがついています。これを2個購入したので、合計12個口もデスク周りに確保できました。

2018年欲しいもの

2017年は近年で一番お金を使ったと思いますが、まだまだ欲しいものはあります。

フルサイズ対応レンズ

Canonのフルサイズ一眼レフカメラEOS 6Dは購入しましたが、まだフルサイズ対応のレンズが旧撒き餌レンズEF50mm F1.8 IIしかないので、来年はまたレンズ検討・購入をしたいところです。

予算が許せばLuxuryなレンズとか欲しいですね…

しっかりした三脚

レンズと同時に欲しくなるのが、丁寧な撮影のために欠かせない三脚。一応持っているんですが、格安のグラつきがあるものなので、できればマンフロットのかっこいい三脚が欲しいところです。

照明関係

さらにまだ証明関係器具を持っていないので、こちらについても調査・検討して購入したいところ。

まとめ

今年は十分納得のいく買い物ができたと思います。おかげで生活の質がずいぶん向上しました。

来年もしっかり計画的に良い買い物をしたいものです。

 

スポンサーリンク
 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Page
To Top