フォントの日なので、今作っている手書きフォントを紹介してみる

今日4月10日は「フォントの日」です。これは「フォン(4)ト(10)」の語呂合わせからきているもので、数年前から提唱されていました。

そんな中昨年の「源ノ明朝」の公開にあわせ、Adobeが「フォントの日」を大々的に取り上げ、日本記念日協会に申請したことで正式に「フォントの日」として認定されました。

今年はこの日にあわせ、フォントワークスから手書き系書体の「クックハンド」が公開されるそうです。フォントメーカーの手書き系書体、楽しみですね。

さて、私も昨年末から手書き系フォントを制作をしていて、ようやく一応の方向性が決まり、一部をフォントデータとして完成させました。

そこで今回は制作途中ではありますが、いずれ公開予定の手書き(系?)フォントを簡単に紹介してみようと思います。

なおこのブログ記事と同じ文章を制作途中のフォントで組んだもの(PDF)を、この記事の最後に用意しましたのでぜひご覧ください

 

スポンサーリンク
 

コンセプト

かなは手書きそのままの温かみを残しつつ、漢字は傾きやゆがみ等をなくすことで、ゴシック体よりやわらかく、既存の手書きフォントより固めになるようなイメージで制作しています。手書きではありますが、どこでも使えるようなフォントを目指しています。

なお後述しますが、かなのみ変更したものや、すべてを異なる方向性で制作し直したものも制作予定です。

収録文字

ひらがな、カタカナ、英数字、基本の記号類、JIS第一水準漢字すべてを収録予定です。

JIS第二水準漢字については、使用頻度の高い一部を先行収録し、今後のアップデートにて少しずつ追加予定です。

フォント仕様

Windows/Macのどちらでも使用可能なTrueTypeフォントです(一般的なフリーフォントと同じ)。

まずは等幅フォントを完成させ、のちにプロポーショナルフォントも制作予定です。恐らくプロポーショナルフォントの方がワープロソフトで使用したときにより手書きっぽく見えると思います。

 

スポンサーリンク
 

フォントウェイト展開

現在本文での使用を想定し、細字(Light)を制作中ですが、タイトルから本文まで使いやすいようにフォントウェイトも拡充させる予定です(機械的に太らせ、Right、Medium、Boldくらいを制作予定)。

フォントファミリー展開

かなのみを変更したフォントファミリー展開も予定しています。ひらがなについては現在制作しているver.とちょっとクセのあるver.を予定しています。まだどちらも細かいデザインは確定していませんが…

また、より手書きに近くなるよう漢字部分も変更したver.も制作予定です。

他にも構想はありますが、実現には時間がかかりそうです…

完成後はフリーフォントとして公開予定

今年2018年秋、フリーフォントとして公開予定(できたらいいなぁ…)

まずは細字(Light)の等幅フォントのみを公開予定です。

現在の制作状況

本日(2018年4月10日現在)の制作状況をお知らせします。文字一つ一つもまだ完成していませんが、バランス調整もしないといけません…

  • ひらがな …一応できている(一部修正したい)
  • カタカナ …一部できている
  • 英数字  …半角のみできている(英数字以外の文字との大きさ調整が必要)
  • 漢字   …まだまだ
  • 記号   …まだまだ

一部の文字は今後修正の可能性があります。どうぞ気長に待ってくださると幸いです。

最後に、このフォントについて何かアドバイスなどありましたら、下のコメント欄若しくはお問い合わせ、Twitter(@RinSachi817)までご連絡ください。

制作途中のフォントで組んだもの(PDF)

 

スポンサーリンク
 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Page
To Top